こども英語教室ベスティ Bestie English School

英語を楽しむだけに留まらない。自信を持って「英語を話せる」ようになろう! TX 守谷駅徒歩1分

感情を込めて

先週のレッスンで、こんな一コマがありました。

仮にAちゃん、Bくんとすると

 

owlのカードを見て、

A "My owl!!!"  "Owl, please."

B "MY owl !!!"

A "MY owl !!!"

 

講師 "Oh, do you like owls?"

A "Yes. I like owls."

B "Me, too."

 

「私の!!!」って言いたいんだよね。

お互いに簡潔な言葉ばかりですが、やりとりが成立しています。

 

”My pen”と単にカードなどを使ってリピート練習しているのとは違って、生きた言葉です。

 

カードは一枚だよね?ということを改めて話して子供たちを観察。

すると、子供たちの解決策はたいてい以下のいずれか。

 

①どちらかが譲って解決

②どちらかが”Rock Siccors Paper?" とじゃんけんを提案し、了承の場合は "OK" と返事。じゃんけんを行って勝った子が手にすることで解決。

③どちらかがもらえなくなるくらいならどちらも手にしない(笑)。"This is Maki's." ”Here you are.” と言って、2人でそろって講師に渡し、2人ともが納得。

※ レッスン内では講師も下の名前で呼んでもらっています。

 

今回は①で解決。①の場合も、毎回譲る子が同じというわけではなく、ケースバイケースで「今回は譲ろう」と譲り合う姿が見られます。

講師が間に入って仲介せずとも、子供たちだけで(それも英語のみのコミュニケーションで)解決できるようになったことに成長を感じます😊